レセプト点検の定番「Mightyシリーズ」


Mighty Checkerをお奨めする理由

当社は(株)エーアイエスのレセプト点検ソフト「Mightyシリーズ」の販売代理店です。

エーアイエス社は、レセプト点検ソフトにおいて開発を30年以上続けている最も老舗のメーカーです。

Mighty Checkerは、審査支払機関に提出する診療報酬明細書(レセプト)の病名と医薬品・診療行為間の適応性を自動的にチェックするソフトウェアです。昨今のレセプト審査の強化にともなって、全国で10,000以上の診療所と3,000以上の病院に採用されており、高い信頼性があります。

Mighty Checkerを導入すると病院のシステムと同等のレセプト点検機能をプラスすることができます。以下の特徴があります。

  • 査定・返戻対策 → 点検精度の向上
    基金と連合会ともに、現在はコンピュータを使用したチェックが当たり前になっており、過去6ヶ月分のレセプト情報を遡って行うチェックや、調剤薬局側のレセプトとの突合チェックがされています。Mighty Checkerはこれらの対策として「縦覧点検」「突合点検」「算定日チェック」を備えています。
  • 日当点アップ → 経営への貢献・医療の質の向上
    「算定支援機能」により、病名や請求内容から指導料・管理料等が算定できる可能性があるレセプトに指摘があがります。
  • 約53,000項目の点検ルールを標準搭載 →作業の効率化(残業コスト削減)
    他社の点検ソフトだと1から点検ルールを作っていかないと疑義があがらない場合があります。

これらはオンラインアップデートによって、最新の情報に保たれます。医療機関様で、独自にチューンアップしていただくことも可能です。

ORCAと連携が可能な Mighty Checker for ORCA には、上記に加えて以下の特徴があります。

※ 2018年3月現在、クラウド版のORCAには未対応です。

  • ORCAのデータを直接参照 → 簡単操作
    点検用にレセプトデータを作成する手間がありません。
  • 会計時点検 → 誤請求防止・作業の平準化 
    会計前に、患者ごとの診療内容について点検を行うことができます。精算前に内容を確認し、正しい請求内容でお支払いいただくことができます。また、事前にチェックすることで点検を分散させることができますので、月末月初のレセプト業務の負担が軽減されます。
    ※ 会計時点検はオプション機能です。